骨壷はどのように選べばよいのか

PR | 13回忌の法要ならこちらにおまかせ
遺骨を納めるための容器である骨壷。
どのように選べばよいのか、ご存知でしょうか。
よく用いられる骨壷のサイズは6寸(一般的には高さ20.5cm、直径18.2cm、容量5,390cc)と7寸(一般的には高さ25.5cm、直径21.7cm、容量9,430cc)で、遺骨を納める量により大きさが違います。
遺骨をすべて納める習慣のある東日本では大きめの7寸、一部の遺骨を納める習慣のある西日本では6寸の骨壷を使用することが多いです。
男女によるサイズの違いはありません。
合同で遺骨を納めたいときには8寸以上の大きなもの、手元供養用に少量の遺骨を納めるときやペットの遺骨を納めるときには2寸から4寸くらいの小さなものも使用します。

また、散骨を希望する人もいます。散骨は、葬送の自由を進める会が1991年に自然葬を強行して以来、日本各地で行われています。しかし、近隣住民の理解や土地所有者の許諾、当該自治体への申請及び承認などが必要な山野や河川への散骨よりも、規制の少ない海洋散骨の方が数多く行われています。海への散骨は、一般的に2mm〜3mm程度に粉骨したお骨をクルーザーなどをチャーターして沖合で遺族が散布しますが、セスナ機やヘリコプターをチャーターして広い範囲に散布する遺族もいます。海への散骨は、故人の最後の願いとして行われていますがお骨は1度散布してしまうと回収は不可能なので、遺族の心理として手元に置いて供養出来る納骨品にお骨の一部を納める遺族が大半です。

<PR> JALカード / クレジットカードの即日発行じゃけん / 心の童話 / 工務店向け集客ノウハウ / お家の見直ししま専科 / 超SEO対策 / 生命保険の口コミ.COM / 童話 / 生命保険の選び方 / マッサージのリアル口コミ.com / 住宅リフォーム総合情報 / 初値予想 / 英語上達の秘訣 / オーディオ / ショッピングカート