親の葬儀の席のスピーチで失敗しないコツとは何か

親の葬儀の席のスピーチは、参加してくれた人だけでなく、故人の魂にも納得してもらえる話をする必要があります。最も手っ取り早いのが子供の頃のエピソードで、夏休みに入ると必ず海に連れて行ってくれた、という内容の話をすると楽です。親族達も子供が大好きな良い親だった、または遊ぶのが大好きな人だなと納得してくれるはずです。
仕事熱心な人で毎日休まずに働いていたと話すのも悪くないです。朝から晩まで常に仕事をしていて、自分にも他人にも厳しい人だったというスピーチをするのは結構簡単です。高齢者の中には休まずに仕事をする性質の人が多いため、葬儀の参列者達も感動すると見ていいです。
宿題をよく手伝ってくれた、勉強ができる親と話すのも良い手法です。特に夏休みの宿題は学生時代は大量に出されることから、誰かに手助けをしてほしいと考えたくなるものです。ただ、親に手伝ってもらいましたと言えば、周囲から笑う人が出ると想定されるので注意です。