盛夏の時期に行う葬儀には様々な配慮が必要

葬儀は年間を通じて行われるために、ときには暑い夏にも執り行わなければいけないことがあります。二十四節気の大暑から白露の時期にかけては、会葬者は暑さへの備えをするのが一般的です。喪服は夏用の種類を用意しておけば、葬儀の途中でも暑さの影響を軽減することができます。このようなことから、喪服については夏用と冬用の2種類は用意しておけば、風寒や猛暑の影響を和らげることが可能になります。

夏場に葬儀を開く場合には、施主の側では様々な配慮をしなければいけません。会場の暑さを軽減させるために、空調を有効的に活用しながら、熱中症の対策も行います。冬場には温かいお茶を提供しますが、夏には冷たい麦茶を用意しておくと、長時間の葬儀の途中でも負担が軽減することになります。式場が自然が豊かな環境下にある場合には、スズメバチの影響も考慮しなければいけません。スズメバチは喪服の黒い色に対しては攻撃的になるため、葬儀の前に巣を発見した場合には、業者に依頼して速やかに撤去しておきましょう。

PR | 転院の際に便利な民間救急車をご存知ですか?