葬式の時のふさわしい表情

現代を生きるには人生のコツを抑えていないと大変ですし、愛想の良さは人生を渡り歩くにも大切なものです。特に日本は表情を意識しているので、ビジネスなどでも無表情が癖であったり、感情が顔に出やすいタイプは、あっという間に評価を下げられるか、足を引っ張られるのが関の山です。だからこそ日本人は、ビジネスシーンでは作り笑顔をしていますし、女性は笑いながらきつい言葉を投げかけるのが得意な日本女子は多いです。特に低レベルな女性ほど、笑っていれば許されるという勘違いで生きているので、始末におえないものです。

お葬式の時にはヘラヘラと笑っていると、非常識であるいうことを知りましょう。愛想がいいというのは日本では大事ですが、その時に必要な表情があります。一歩世界へ出てみると、日本人の低レベルな女性のように、笑えば許されるというのは通用しません。意味もなく笑うのはかえって、不信感を抱かれることになるので、少しは学ぶべきでしょう。