葬式での心付けはどうなのでしょうか。

葬式の心付けについて悩んだことはありませんか。葬儀の心付けとは 葬儀費用とは別で、葬儀社の担当者や霊柩車、マイクロバス等の運転手さんにお渡しするチップのようなものです。故人を丁寧に扱ってくれたお礼の気持ちになります。しかし、公営施設である火葬場や斎場職員は公務員扱いなので心付けは禁止となっています。心付けの金額は、2,3千円からせいぜい一万円です。これは、あくまで気持ちですから、金額にはこだわる必要はありません。 最近は、葬儀費用以外に、心付けそのものが必要なのか見直しもされています。葬儀社により、葬式を含む葬儀一式の費用内訳の中で、心付けも見積もられていますので、金額が妥当であれば、その額を受け入れるのが葬儀進行はスムーズにいきます。
 ところで、心付けで悩むのが会社関係の葬式です。半ば業務命令で手伝っている方々へ、心付けが必要なのか、不要なのか難しいところです。会社から派遣されてくる手伝いは若い社員が多く、葬式を執り行う側は、その社員よりも年配で、会社では役職者であることが多く、心付けはしていたほうが、その後の社内関係がスムーズに進行するようです。