葬式と火葬の手続き

亡くなった人の葬式をすませると、その後ただちに火葬場に搬送して、火葬をすることになります。

場合によって、また地域によって違いがあるのですが、通夜は遺体のままで、その後の告別式の前までに火葬をすませて、告別式ではお骨の状態でお見送りをするということもあります。

かつては土葬が一般的であった地域もありましたが、現在では衛生上の観点から、遺体は火葬に付することになりますので、そのための行政の許可が必要となってきます。

葬式はしたものの、手違いによって火葬ができないという状態は避けなければなりませんので、しっかりと事前確認をしておくことが望まれます。

亡くなった直後には市役所に死亡届を提出するはずですが、そのときには火葬許可証もあわせて交付されます。

実際に火葬をする場合は、この火葬許可証を火葬場に提出することが必要となっています。

さらに、火葬場から印鑑を押して返還された火葬許可証は、こんどは埋葬許可証という扱いになり、納骨の際に必要となってきます。